おすすめの「講談社 リトル」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「講談社 リトル」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「講談社 リトル」

リトル・バイ・リトル (講談社文庫)

ふみは高校を卒業してから、アルバイトをして過ごす日々。家族は、母、小学校2年生の異父妹の女3人。習字の先生の柳さん、母に紹介されたボーイフレンドの周、二番目の父――。「家族」を軸にした人々とのふれあいのなかで、わずかずつ輪郭を帯びてゆく青春を描いた、第25回野間文芸新人賞受賞作。

リトル・ジャンパー(1) (アフタヌーンコミックス)

禁断の(!?)父と娘のSFラブコメ、ときめいちゃったら未来が変わる? 降ってきたのは“未来の娘”! ――少女チマは、母の病気を絶つために“17年前の両親(=弘樹&恋人)”を探すタイム・ジャンパー。彼女に“父”として甘えられ戸惑う弘樹だけれど、モテないわが身の哀しさよ、そもそも「恋人」って、いったい誰~!? ヘタに恋すりゃ未来が変わる、ミステリ仕立てのSFラブコメ&アクション、第1巻!

リトル・フォレスト(2) (アフタヌーンコミックス)

小さな山村・小森でのひとり暮らし。自分でつくって、自分で食べる。本当の“スローライフ”がここにある! 月刊アフタヌーンにて連載された“読んで美味しい”話題作! 充実の完結第2巻!! ●カラー原稿をすべてカラーで再現 ●30ページを超える書き下ろしイラストコラムつき。作者自身の撮影による写真も大量に掲載 ●現在入手困難な『茄子 アンダルシアの夏 アニメ&漫画コラボBOOK』に掲載された読み切り作品『茄子のはな』を特別収録

リトル・フォレスト(1) (アフタヌーンコミックス)

スローフードって楽じゃない。手間ひまかけて、汗かいて。だけど、そうやって辿り着いたひとくちには、本当の美味しさが満ちているのです。都会から生まれ故郷の小森に戻り、農業を営むいち子。四季折々の収穫に舌鼓を打ちながら、彼女は自分の生き方を模索する――。当世きっての漫画家が描く、本物のネイチャー・ライフ。

リトル・ジャンパー(6) (アフタヌーンコミックス)

禁断の(!?)父と娘のSFラブコメ! 冒険のおともは未来から来た自分の娘――!? 一ノ瀬弘樹(いちのせひろき)17歳、愛とバトルと煩悶の日々!! 大災害“ミッシング・ゼロ”から俺が東京を守る!? 重大な使命をいつの間にやら背負ってしまった弘樹は、チマ&再構築少女達とともに運命の日まで疾走開始!! 残された時間は、あと10日!!