おすすめの「講談社 文庫」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「講談社 文庫」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「講談社 文庫」

砂の城 風の姫 (講談社X文庫ホワイトハート)

天下四国――それは、天から授かりし四つの国。徐国の元王太子で、今やすっかり風来坊の飛牙は、天令の那兪を連れ、代々女王が治める燕国へ。そこで偶然お忍び外出中の名跡姫・甜湘と知り合った飛牙は、いきなり「胤」候補にされてしまう。胤は未来の女王たる甜湘に、子を産ませるための制度上の夫のこと。しかも飛牙の前にいたという胤ふたりは、すでに怪死を遂げているらしく……。胸躍るシリーズ第二弾!

十津川警部の対決 (講談社文庫)

伊豆の海に白いポルシェごと転落死した中年男。ところが彼の手帳に、半年前の3億円強奪事件の犯行メモがあったことから、十津川警部らは色めき立つ。しかも共犯者がいて次の犯行を計画中と知った十津川は、亀井刑事をおとりにしてグループに近づくが見事失敗してしまう。十津川警部、生涯最大のピンチ!

異世界ギルドの英雄師弟3 (講談社ラノベ文庫)

七罪竜リヴァイアサンを倒したカイルたちは、最強の魔石武装《少年王の遺産》のひとつ、大剣スカーレットをフィリア王女に渡すため王都へと向かった。だが、カイルたちの前でフィリアは自らも転生者であることを明かし、《遺産》もろともカイルたちを手中に収めようと襲いかかってくる。なんとかカノンを連れて王都を脱出したカイルたちは、フィリアに先んじてほかの《遺産》を手に入れようとするが……!?

怪獣記 (講談社文庫)

トルコ東部のワン湖に棲むといわれる謎の巨大生物ジャナワール。果たしてそれは本物かフェイクか。現場に飛んだ著者はクソ真面目な取材でその真実に切り込んでいく。イスラム復興主義やクルド問題をかきわけた末、目の前に謎の驚くべき物体が現れた! 興奮と笑いが渦巻く100%ガチンコ・ノンフィクション。

双子喫茶と悪魔の料理書 ショートストーリー特典付き (講談社ラノベ文庫)

「だって、篝はずっと誰かのために料理をしてきたでしょう?」二年前。幼馴染みの少女・葉月から、なにげなくかけられた言葉。きっとあの時、ただの幼馴染みは、初恋の少女に変わった――。そして現在。俺はいまだ葉月に告白できないまま、葉月とその双子の妹・水希とともに、彼女たちの実家の喫茶店でバイトをしていた。そんなある日、水希が持ち出した古本から幼女が出てきて……!? 喫茶店が舞台の感動ストーリー!