おすすめの「講談社 絵本」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「講談社 絵本」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「講談社 絵本」

どこじゃ? かぶきねこさがし かぶきがわかるさがしもの絵本 (講談社の創作絵本)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

かぶきの登場人物が猫に!? 人気演目5作品のあらすじや見どころを紹介! かぶき入門に最適の、にゃんとも豪華なさがしもの絵本。1作品につき、演目のあらすじ・見どころ・登場人物などをたっぷり見開き4ページで紹介。その次の見開き2ページで、猫づくしで描かれる物語の世界のなかから、登場人(猫)物をさがすというさがしもの絵本です。●動画配信中! https://youtu.be/V_9-BRJrciE

絵本 眠れなくなる宇宙のはなし (講談社の創作絵本)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「人間は宇宙をどのように捉えてきたか」を、人気イラストレーター、長崎訓子氏の大判のカラーイラストでダイナミックに見せる絵本です。古代エジプトの宇宙観から、今年測定されたばかりの重力波まで、やさしい語り口と魅力的なイラストで、小学生の読者でも大きな流れを概観することができます。ベストセラーになった『眠れなくなる宇宙のはなし』(宝島社)の絵本版。

ふたりはプリキュア マックスハート(1) ポルンとひかり ふたりはプリキュア マックスハート (講談社のテレビえほん(おともだち))

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

「ふたりはプリキュア マックスハート」のよみきかせ絵本第一弾。三年生に進級したなぎさとほのか。なぎさは、家でも学校でも、お騒がせな妖精ポルンに振り回されっぱなし。そんなある日、学校で不思議な少女、ひかりに出会います。ポルンもひかりを見て、何かを感じているみたいで……?初代プリキュアの続編シリーズが読み聞かせ絵本に登場! 新たな出会いをへて、更にパワーアップしたプリキュアをお楽しみください。

風の絵本 (講談社文庫)

色のあわい日常生活を、風のように流されていく郁子。ふと郁子は日常をぬけ出して旅に出る。いわば<風の絵本>のヒロインである。彼女の目の前に次々とあらわれるのは、時間のひだにかくされていたいくつかの思い出――。知的女性のゆれる心理を、実験的な手法と新鮮な矜情とで描いた秀作。その他二編収録。

ママがおばけになっちゃった! (講談社の創作絵本)

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ママは、くるまに ぶつかって、おばけに なりました。「あたし、しんじゃったの? もう! しぬ ときまで おっちょこちょいなんだから!」とつぜん、“おばけ”になってしまったママ。いちばん心配なのは、4歳になる息子のかんたろうのことです。よる、12時をすぎると、かんたろうの部屋に現れて……。ママは、これから生きていくかんたろうを励ましながら、じっくりと話をします。