おすすめの「農業 と 経済」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「農業 と 経済」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「農業 と 経済」

Gesammelte Schriften: Sozialgeschichte und Wirtschaftsgeschichte (Vollständige Ausgabe): Agrarverhältnisse im Altertum + Die sozialen Gründe des Untergangs … und Privatrecht) und mehr (German Edition)

Dieses eBook: Gesammelte Schriften: Sozialgeschichte und Wirtschaftsgeschichte (Vollständige Ausgabe) ist mit einem detaillierten und dynamischen Inhaltsverzeichnis versehen und wurde sorgfältig korrekturgelesen.
Max Weber (1864-1920) war ein deutscher Soziologe, Jurist und Nationalökonom. Er gilt als einer der Klassiker der Soziologie sowie der gesamten Kultur- und Sozialwissenschaften. Global wird Webers Werk übergreifend von verschiedenen politischen und wissenschaftstheoretischen Lagern anerkannt. Er nahm mit seinen Theorien und Begriffsdefinitionen großen Einfluss auf die Wirtschafts-, die Herrschafts- und die Religionssoziologie sowie auf weitere spezielle Soziologien. Außerdem ist das Prinzip der Wertneutralität auf ihn zurückzuführen. Er zählt neben Karl Marx Simmel zu den bedeutenden Klassikern der Wirtschaftssoziologie.
Inhalt:
Agrarverhältnisse im Altertum
Die sozialen Gründe des Untergangs der antiken Kultur
Zur Geschichte der Handelsgesellschaften im Mittelalter
Die ländliche Arbeitsverfassung
Entwickelungstendenzen in der Lage der ostelbischen Landarbeiter
Der Streit um den Charakter der altgermanischen Sozialverfassung in der deutschen Literatur des letzten Jahrzehnts
Die römische Agrargeschichte in ihrer Bedeutung für das Staats- und Privatrecht

甘酸っぱい経営 株式会社とNPOを併せ持つGRAモデル (カドカワ・ミニッツブック)

超高級イチゴ、最先端ICT農場、インド進出。多様な人材の混沌から生まれる創発性(イノベーション)の源泉を育むリーダーシップ。設立からたった3年で、日本の農業界に革新をもたらした起業家による経営思想書

【目 次】
■はじめに
■第1章 GRAとは
 10年で100社、10,000人の雇用/農業ド素人の僕がGRAを立ち上げた理由/2011年を境に止まらない人口減少/多様性の力を心から信じられる体験があったから/震災直後のGRAツアー/甘酸っぱい経営
■第2章 地方再生の壁 同質化の弊害
 震災復興で疲れ切った人々/東北に寄り添うということは、東北人になるということではない/効率性と創造性のカオス
■第3章 GRAモデル INCとNPO
 一つの目的、二つの組織/効率性のINC/創造性のNPO/非常識な成果(GRAの実績)/互いに依存しないからこそ/INC病、NPO野郎
■第4章 GRAマネジメント
 組織を安定させない、破綻もさせない/リスク0という幻想/リスクを取り続ける事業マネジメント/人材多様性の限界に挑戦/同質化圧力との戦い/若い世代の風を取り込む勇気/リーダーは絶対にタブーを見過ごしてはならない/鈍感力だけでリーダーは務まらない/850人ものプロボノが無償で手伝ってくれるワケ/INCの人、NPOの人 GRAで働く人々の声
■第5章 甘酸っぱい経営者になるための6つの流儀
 (1) 二念を継がない/(2) ひたすらに長所だけを見る/(3) 極を取る/(4) リソース不足を言い訳にせずチャンスにする/(5) 脱ステップ論/(6) PDPDPDCA
■終 章 甘酸っぱい経営とは

【想定読了時間 50分】

農業大卒の僕が29歳で年間170戸のマンションを売って日本一の営業マンになった秘密の方法 (角川書店単行本)

営業の世界は数字がすべて。学生時代にエリートではなかった僕にも大逆転のチャンスがある。入社1、2年目は1戸も売れなかった月もある。でも僕は試行錯誤しながら、ついに年間170戸の販売を達成した!

食の歴史と日本人―「もったいない」はなぜ生まれたか

産業大国・環境大国の原点は、日本の「食文化」にあった! 「勤勉」「もったいない」など日本的精神の誕生を「食」の視点から分析した異色の日本人論。

【主な内容】
第1章 人口過多の国
第2章 少ない農地
第3章 稲作と日本人
第4章 動物性たんぱく質と日本人
第5章 食の歴史と自給率
第6章 食の歴史が生んだ「もったいない」

「社会の裏側!」 13……TPPと私設法廷。じつはこの「ISD条項」こそが日本乗っ取りの要だった! ニッポン人の心と体を救う山田流「時事呆談」: なぜ弁護士たちが、この問題に関して「緊急に結束」しようとしているのか

このTPP(環太平洋経済連携協定)については、いままでマスコミたちも、農業分野だけを取り上げてきた感がありました。もちろん農業分野は、それこそいのちに直接関係することですから大事なんですが、じつは、農業以外にも、サービスや物質の貿易の自由化、労働力移動の自由化、各種の非関税障壁の廃止など、24分野にもわたっているんですね。農業分野は、これらの24項目もあるわずか一つに過ぎないんです。2013年7月29日。東京の弁護士会館において、「TPPに反対する弁護士ネットワーク」の結成に関する記者会見が開かれました。全国の弁護士318人が、この賛同人に名を連ねております。この席で表明されたことは何だったのか。それは、「TPPは、農業や医療の問題とされがちだが、我々はISD条項について問題視する。TPPは関税ではなく非関税障壁の問題が本質だ」……ということだったんですね。この「ISD条項」とは、いったい何なのでしょうか。じつは、ぼくはこの「ISD条項」こそが、このTPPの中では大問題だと思っております。これ何かと言えば、「投資家対国家間の紛争解決条項」のこと。なんか難しそうな名前ですが、崩して言いますとこうです。「あんたの国と、ISD条項で自由貿易協定を結んだんだから、あたしたち外国企業だけいじめないでちょうだいね!もしいじめたら賠償請求をしっかりして、落とし前を付けちゃうから!」ということ(笑)。こうなると、多国籍企業が、日本のルールを自分に有利なモノに変えさせるために、この「ISD条項」を利用することがあるかもしれません。この「ISD条項」は、すでに、アメリカ・カナダ・メキシコによる北米自由貿易協定(NAFTA:ナフタ)で導入されたものなんですが、米韓FTAにも導入され、いま韓国国内では大変な騒ぎになっております。つまり、訴訟のすべてが、なんと世界銀行の息のかかった組織でなされるわけなんですね。それはもちろん、アメリカが背後にいる組織なわけですから、その訴訟の結果が誰に有利なのかは、お分かりでしょう。こうなれば、日本の弁護士たちは、日本の法律をよりどころに国民の生命と自由と財産を守ろうにも、戦う術(すべ)を失ってしまいます。だって、裁く場が、日本にはないわけですからね。ささささ、どうぞ本書をご覧下さい。そして、今後の「社会の裏側!」シリーズを、お楽しみに!