おすすめの「阿片」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「阿片」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「阿片」

鴉片

大正期に活躍した「新思潮派」の作家、芥川竜之介の随筆。はっきりとした初出は不詳であるが、「世界」[1926(大正15)年]との記述あり。単行本未収録であり、「芥川龍之介全集」第13巻に収録された。「クロオド・フアレエル」の作品など、西洋、中国の鴉片の匂いを感じる文学作品について述べている。鴉片の煙に東洋的な死のイメージ、幻想性を見ている。

阿片王と呼ばれた男 里見甫

関東軍参謀副長・板垣征四郎少将、奉天特務機関長・土肥原賢二少将の依頼を、極秘に受けた里見機関代表の里見甫は、中国全土の阿片市場の制覇に乗り出した。関東軍参謀司令部の目論みは、まず蒋介石の掌中にある天津阿片市場を奪取し、蒋介石の資金源である天津阿片市場の財源を断ち切るとともに、関東軍支配下に阿片市場の利権を移行させることにあった。
天津阿片市場の利権は、莫大な利益を生んだ。関東軍参謀司令部は、巨額になってきた中国での謀略工作資金を、この天津阿片市場の利権で捻出することにあった。
里見機関代表の里見甫は、関東軍の軍事力を背景に、天津阿片市場を奪取していった。そして中国戦線の拡大に伴い、増大してくる軍事費や謀略工作費を賄うため、さらなる阿片市場の拡大を図り、テロが横行し、陰謀渦巻く国際都市上海に進出して、中国全土の巨大な阿片市場を牛耳ることになった。
関東軍の軍事力を背景に、巨大な阿片市場を里見甫が牛耳っていった。
 阿片王・里見甫〔中国名・李鳴〕が、戦争という異常な時代の歴史の闇に実存していた。

新装版 阿片戦争 (一) (講談社文庫)

清朝末期。大英帝国の新興資本は、市場を求め中国進出を企てていた。彼らが流入させた阿片の暴利を貪る特権商人、官僚達の中に、国を憂う清廉潔白な実力官吏・林則徐と豪商・連維材がいた。明治維新を始めとした近代アジア史に強烈な衝撃を与えた事件を活写する陳文学の最高峰、新装版登場!(全4巻)

阿片の味

このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

東条英機と阿片の闇 (角川ソフィア文庫)

戦時宰相「東条英機」はなぜかくも絶大な権力を手に入れるに至ったのか。阿片という資金の秘密、共産主義の脅威、皇室の思惑などの新事実をふまえ、その人間性と思考の解剖を試みる渾身のドキュメント。※本作品は紙版の書籍から口絵または挿絵の一部が未収録となっています。あらかじめご了承ください。