おすすめの「随筆 名作」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「随筆 名作」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「随筆 名作」

永井荷風懐旧・散策随筆名作選 響林社文庫

本書では、川面、夕日、月、空などの自然描写の美しさ、細やかさが際立つものや、旧き良き時代への懐旧の情緒が滲み出ている随筆を選んでみました。昭和になった頃から、銀座にさかんに出入りする一方で、江東区荒川放水路の新開地や浅草の歓楽街、玉の井の私娼街、そして浅草などを寸暇を惜しんで歩き回った時の随筆が中心で、向島、本所、亀戸、深川、葛飾、浅草、山の手台地、市川と散策は広範囲にわたりました。後半は、散歩随筆の名作といわれる『日和下駄』を全編収録。江戸の面影を求めて先哲の墓や遊里など散策を重ねた際の作品です。
 なお、銀座も荷風の散策の主たる対象でした。それについては、このシリーズで別途、『追憶の銀座-文士七人の回想』に収録した「銀座」や、『墨東綺譚』の中の「作後贅言」などの作品がありますので、それらを併せてお読みいただければ幸いです。

週刊文春ミステリーレビュー2011-2016[国内編] 名作を探せ!【文春e-Books】

20年以上も続く週刊文春「ミステリーレビュー」。この名物連載の2011年から2016年までの6年分、140本のコラムをまとめました。

国内編の筆者は、ミステリーの世界でが高く信頼されている気鋭のミステリー評論家、千街晶之氏。

1年間に日本で出版されるミステリーは膨大な数になります。それが6年ぶんともなると、とてもフォローできません。
これを読むと、「あ、こんな本があるんだ」と、見逃していた名作、傑作を知ることができます。

また連載記事に加えて、2011~2016年の「週刊文春ミステリーベスト10」の1位から20位までのランキング、各年のミステリー界まとめ記事も収録。
ミステリーに興味のある読者はもちろん、「なにか面白い本はないかな」と、いつも迷う方には最適。熱のこもったコラム集を見ながら、あなたの五つ星ミステリーを探してみてください!

挫折を経て、猫は丸くなった。―書き出し小説名作集―

「彼女の頬を、マウスカーソルで撫でた」「白ブリーフの落とし主は永遠に見つからない」「ヒーローたちの利害は複雑に絡み合っていた」「担任に好かれている吉田と、ただの吉田がいた」――提示されるのは冒頭だけ。続きは読み手のイマジネーション次第の自由な文学、「書き出し小説」。416本の異なるストーリーがあなたを魅了する!

英語で読む!! 名作グリム童話30話 世界の名作洋書多読シリーズ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

いつもご愛読ありがとうございます。
この度、『世界の名作洋書多読シリーズ』は累計1000部の売り上げを突破しました。

感謝の意を表して、全商品の値引きセールを実施します!

250円の商品は200円、
200円の商品は99円に値下げ致します。

今後とも『世界の名作洋書多読シリーズ』をよろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

子供から大人まで世界中の人々に愛され続けている世界の名作物語。
「眠れる森の美女」「シンデレラ」「赤ずきん」「白雪姫」「人魚姫」など
全編英語で31話(総語数 39810語)を収録。

【商品情報】

総語数 : 39810語

作品数 : 31話

難易度 : 上級者レベル

【特徴】

多読向けに各物語ごとに総語数を表示。

1話あたり、約2000語数でたっぷりな読み応え。

スマートフォンやKindleを使って、
空いた時間(通勤電車や待ち合わせ時間)に楽しく英語力アップ。

分かりづらい箇所があっても、
挿絵とKINDLE内の英和辞書機能により、スムーズな読書が可能。

【収録作品】

「「シンデレラ」「赤ずきん」「白雪姫」「人魚姫」「大きなカブ」「親指姫」「眠れる森の美女」「白蛇」「蜂の女王 」など…など31話収録。

日常随筆集の名作 第2集―「楢重随筆」「千曲川のスケッチ」「みみずのたわこと」他 響林社文庫

日常随筆集の名作を各種集めました。 日常生活にまつわる様々なことを書いていますので、身の周りの自然のこと、生活のこと、社会のこと、時事的なことなどいろいろあります。その当時の雰囲気を知るのにも格好の材料になります。
 最初から読む必要はなく、エッセイのタイトルを見て興味のあるところから読んでみましょう。意外な発見があるのではないかと思います。
 第2集は、洋画家の小出楢重の随筆集の3編「楢重随筆」「めでたき風景」「大切な雰囲気」、島崎藤村の「千曲川のスケッチ」、徳富蘆花の「みみずのたわこと」を収録しました。
 徳富蘆花の作品は、当時の東京郊外の千歳村に「都落ち」して始めた田園生活におけるあれこれを描いていて、現在の世田谷区芦花公園周辺の自然がどうだったのかがわかって興味深いです。