おすすめの「電気 関西」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「電気 関西」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「電気 関西」

電力新生記 第10部 アジア戦記@シンガポール (電気新聞e新書)

近年、日本のエネルギー企業の進出が相次ぐシンガポール。国内需要が先細る中、海外に活路を見いだす大きな目的は各社共通だが、具体的な取り組みや狙いは様々だ。2016年3月中旬、JERA Trading Singaporeはじめ、電力、ガス、石油各社が進出して展開する事業の状況を現地取材した。

<目次>
1.日本企業も相次ぎ進出/人材と情報の“交差点” 燃料取引、世界が注目
2.議論尽くす“多民族国家”/多彩な組織、最適化育む
3.ガス需要牽引するアジア/異文化に挑み商機開拓
4.飽和市場離れ成長目指す/“日本流”営業で道開く

電力新生記 第3部 巨大火力発電会社の誕生 (電気新聞e新書)

電力システム改革、再生可能エネルギーの普及、原子力政策の転換など激動の転換期を迎えた電力ビジネス。その最前線を追う「電力新生記」シリーズ第3弾。

「第3部 巨大火力発電会社の誕生」では、東京電力と中部電力の火力部門における包括提携をテーマに、提携までの経緯や背景、その狙いなどに焦点をあてた。(2014年10月連載の記事をもとに制作)

目次
1.東京電力・中部電力の包括提携
2.中部電力、首都圏進出へ
3.LNG調達で「規模の経済性」生かせ
4.自律経営の課題となるファイナンス
5.連携か対抗か――模索する他社
6.首都圏小売市場では競合へ

電力新生記 第6部 電力、組織再編 (電気新聞e新書)

電力システム改革、再生可能エネルギーの普及、原子力政策の転換など激動の転換期を迎えた電力ビジネス。その最前線を追う「電力新生記」シリーズ第6弾。

「第6部 電力、組織再編」では、2016年4月のライセンス制導入を前に、大規模な組織改編を行った東京電力、関西電力の実情を追った。(2015年6月の記事をもとに制作)

<目次>
1.電力システム改革で変わる組織
2.関西電力の選択――事業部制
3.東京電力の選択――持ち株会社制

電力新生記 第2部 電力会社のガスビジネス (電気新聞e新書)

電力システム改革、再生可能エネルギーの普及、原子力政策の転換など激動の転換期を迎えた電力ビジネス。その最前線を追う「電力新生記」シリーズ第2弾。

「第2部 電力会社のガスビジネス」では、ガス事業制度改革を前に、電力会社のガス事業戦略とその課題に焦点をあてた。(2014年8月連載の記事をもとに制作)

目次
1.事業拡大にたちはだかる規制
2.体制整備に大きな負担
3.東京電力の戦略
4.関西電力の戦略
5.中部電力の戦略
6.九州電力の戦略
7.沖縄電力の戦略

シェール革命と日本のエネルギー (エネルギー新書)

国内外のエネルギー事情に精通する日本エネルギー経済研究所研究顧問、十市勉氏の最新刊。

米国発のシェール革命、世界におけるシェール開発の現状、今後の予測をデータを用いて紹介するとともに、シェール革命がエネルギー市場や産業界、そして国際政治に及ぼす影響について詳細に解説する。

その上で、原子力発電所の長期停止で電力不足に陥っている日本への影響も鋭く分析。また、今後のエネルギー政策のあるべき姿について持論を展開する。

シェール革命関連本の中でもエネルギーに焦点を当て、コンパクトにまとめた決定版。日本のエネルギー戦略を考える上で必読の1冊。