おすすめの「css3」5選 – Kindle本

Amazonで買える、おすすめのKindle本「css3」を紹介します。
詳細は商品をクリック(タッチ)!

おすすめのKindle本「css3」

HTML5 & CSS3 デザインレシピ集

(概要)
HTML5とCSS3によるWebサイト制作のためのおいしいレシピ集。制作の現場で使われる定番テクニックからプロ技まで余すところなく集めました。テキスト/リスト/リンク/画像/ボックス/テーブル/フォーム/ナビゲーション/レイアウト/レスポンシブWebデザイン…テーマ別にレシピを整理。「あのデザインはどう作るんだろう?」が,スグにわかります。デザイナーからWebプログラマーまで,Web制作に携わるすべての方にお届けします。

(こんな方におすすめ)
・Webデザイナー
・Webプログラマー

(目次)
Chapter 1 HTML/CSSの基礎

Chapter 2 ページの基本となるHTML

Chapter 3 テキストの整形とデザインテクニック

Chapter 4 リストのデザインテクニック

Chapter 5 リンクと画像のテクニック

Chapter 6 ページ全体に適用するデザインのテクニック

Chapter 7 ボックスの整形とデザインテクニック

Chapter 8 テーブルのデザインテクニック

Chapter 9 フォームのデザインテクニック

Chapter 10 メタデータと外部サイトとの連携テクニック

Chapter 11 パーツ作成のテクニック

Chapter 12 ナビゲーションのデザインテクニック

Chapter 13 レイアウトのテクニック

Chapter 14 レスポンシブWebデザインに対応するテクニック

Chapter 15 アニメーションとエフェクトのテクニック

いちばんよくわかるHTML5&CSS3デザインきちんと入門

これから本気で学びたい人の最高の教科書!

※この電子書籍は、「固定レイアウト型」で配信されております。説明文の最後の「固定レイアウト型に関する注意事項」を必ずお読みください。

レスポンシブWebデザインが“当たり前”の時代の、新しいHTML・CSSの書き方ガイド

現在のHTML・CSSの書き方は、少し前までのHTML・CSSの書き方とは大きく変わっています。本書ではスマートフォン時代に求められる、HTMLを組むときの考え方からCSSの実践的なテクニックまでをきちんと解説。たくさんのサンプルコードに触れていただくことで、最新の、実践で役立つ力がきちんと身につきます。

<本書の対象読者>
●これからWebサイト制作を学びたい初心者の方
●最新のHTML・CSSの書き方を知りたい経験者の方
●フレックスボックスを使ったページレイアウトについて知りたい方

●目次
CHAPTER 1 Webサイトの仕組みを知ろう
CHAPTER 2 HTMLの基礎知識とマークアップの実践例
CHAPTER 3 CSSの基礎知識とページデザインの実践例
CHAPTER 4 テキストの装飾
CHAPTER 5 リンクの設定と画像の表示
CHAPTER 6 ボックスと情報の整理
CHAPTER 7 テーブル
CHAPTER 8 フォーム
CHAPTER 9 ページ全体のレイアウトとナビゲーション
CHAPTER 10 レスポンシブWebデザインのページを作成しよう

固定レイアウト型に関する注意事項(必ずお読みください)
この電子書籍は、全ページ画像の「固定レイアウト型」で配信されております。以下の点にご注意し、購入前にプレビュー表示をご確認の上、ご購入ください。

■使用できない機能
・文字拡大(ピンチイン・ピンチアウトは可能ですが、画面におさまらない場合は画面をスワイプ)/文字のコピー/マーク/ハイライト/文字列検索/辞書の参照/Web検索/引用

■推奨環境
・タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末
・Wi-Fiネットワーク経由でのダウンロード(Kindle端末の場合)

CSS3 スタンダード・デザインガイド【改訂第2版】 [固定レイアウト版]

※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型電子書籍のようなテキスト拡大などの機能が利用できませんので、お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。
※同じ書籍のリフロー版電子書籍も発売中です。

CSS3の機能を体系的にまとめ、サンプルを通してどのように機能するかを理解できる、CSS3のリファレンス&活用本。

HTML5やスマートフォンの普及に合わせて、CSS3の活用も広がっています。
角丸や影、グラデーションなどの装飾はCSS3で設定するのが主流となり、Webフォントを活用してタイポグラフィを大胆に取り入れたデザインも増えています。アニメーションやトランスフォーム、縦書きなど、CSS3で設定できる表現は幅広く、アプリや電子書籍などの開発においても必要不可欠なものとなっています。

本書は基本、レイアウト、カラーアレンジと背景・罫線のデザイン、コンテンツのデザイン、特殊効果、インターフェイスに章立てし、主要なCSS3のモジュールやプロパティについて、まとめています。

また、新しい機能も次々と提案され、CSS3やCSS4として発展を続けています。これらについても、なるべく取り上げ、解説を行いました。
たとえば、2011~2012年の2年間に追加された主な機能だけでも、
・条件規則
・ビューポートの設定
・リージョンレイアウト
・エクスクルージョン(除外)
・ボックスの形状の指定
・レスポンシブイメージ
・ハイフネーション
・マスク
・フィルタ
などが挙げられます。

機能ごとに、詳しい解説や使用サンプルを掲載。また、最新の主要ブラウザ(Firefox、Safari、Chrome、Opera、Internet Explorer)とスマートフォン(iOS のMobile Safari、Androidの標準ブラウザ)での対応状況も記載しています。

CSS3を体系的に掴み、その「使いどころ」を体得できる、Web制作者/デザイナー必携の1冊です。

【備考】
本書は『CSS3 スタンダード・デザインガイド』(2011年5月刊)を、CSS3の最新状況、および最新ブラウザ環境に対応させて、改訂増補したものです。

CSS3 スタンダード・デザインガイド【改訂第2版】 [リフロー版]

※この商品はリフロー型の電子書籍です。
※同書籍の固定レイアウト版電子書籍も発売中です。

CSS3の機能を体系的にまとめ、サンプルを通してどのように機能するかを理解できる、CSS3のリファレンス&活用本。

HTML5やスマートフォンの普及に合わせて、CSS3の活用も広がっています。
角丸や影、グラデーションなどの装飾はCSS3で設定するのが主流となり、Webフォントを活用してタイポグラフィを大胆に取り入れたデザインも増えています。アニメーションやトランスフォーム、縦書きなど、CSS3で設定できる表現は幅広く、アプリや電子書籍などの開発においても必要不可欠なものとなっています。

本書は基本、レイアウト、カラーアレンジと背景・罫線のデザイン、コンテンツのデザイン、特殊効果、インターフェイスに章立てし、主要なCSS3のモジュールやプロパティについて、まとめています。

また、新しい機能も次々と提案され、CSS3やCSS4として発展を続けています。これらについても、なるべく取り上げ、解説を行いました。
たとえば、2011~2012年の2年間に追加された主な機能だけでも、
・条件規則
・ビューポートの設定
・リージョンレイアウト
・エクスクルージョン(除外)
・ボックスの形状の指定
・レスポンシブイメージ
・ハイフネーション
・マスク
・フィルタ
などが挙げられます。

機能ごとに、詳しい解説や使用サンプルを掲載。また、最新の主要ブラウザ(Firefox、Safari、Chrome、Opera、Internet Explorer)とスマートフォン(iOS のMobile Safari、Androidの標準ブラウザ)での対応状況も記載しています。

CSS3を体系的に掴み、その「使いどころ」を体得できる、Web制作者/デザイナー必携の1冊です。

【備考】
本書は『CSS3 スタンダード・デザインガイド』(2011年5月刊)を、CSS3の最新状況、および最新ブラウザ環境に対応させて、改訂増補したものです。
※2016/05/07:ファイルを更新しました。購入済みの方は再ダウンロードをお願いします。

CSS3デザインブック 仕事で絶対に使うプロのテクニック

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型/カラーの電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【CSS3でできること・したいこと、1冊で全部わかります!】
CSS3の実用的な手法を集め、ソースコードと制作方法を解説したテクニック集です。flexboxを利用したレイアウトなど最新の手法から、角丸・グラデーションを取り入れたボタンといった定番の表現まで、CSS3でできること・したいことを1冊にすべて網羅しました。さらに、実務案件でCSS3を使う場合に欠かせないIE対策もフォローした実践的な内容になっています。サンプルデータはWebからダウンロード可能なほか、序章にはCSS及びCSS3の基本解説を設け、基礎と応用力を同時を身につけることができる充実の内容です!